プロの歌手への第一関門!歌唱力倍増テクニック②【鼻腔共鳴編】

歌唱力倍増テクニック

こんにちは、モコ山です。

前回歌唱力倍増テクニック【姿勢編】として記事を投稿させて頂きましたが、その後の歌練習はいかがですか?:)

2回目となる今回は「鼻腔共鳴」についてお話ししていきます!

鼻腔共鳴とは、その名の通り鼻腔(喉から鼻にかけての空間)を利用して共鳴(=音を出す)ことです。
上手に聞こえる声というのは、結構な割合でこの鼻腔共鳴を利用してつくられています。

鼻腔共鳴がなぜ必要なのか?

それは、口だけを利用して共鳴を起こそうとしても喉を多用することになるため、喉声になってしまったり、声帯に過剰に負荷がかかってしまうためです。

また、喉声の人が高音を出そうとして叫んだ感じになってしまうのは、この鼻腔共鳴をうまく利用できていないからと言えます。

もしも鼻腔共鳴がしっかりできれば、声域の幅も無理なく広げることができて、喉声のように高い音でも苦しい感じに聞こえることが無くなります

もちろん、声帯への負荷も少なくなります。

「鼻腔共鳴」という技術は、いわば喉と口だけで出す地声を助ける、歌手にとっては必要不可欠なツールなのです。

また、鼻腔共鳴というひとつの指標を作ることにより、歌がきれいに整います。

あまり歌が得意でない人はだいたいの場合、めちゃくちゃに、自分の歌いやすいように歌っています。
そのような自己流の歌い方だと、聴いている側からすると、どうしても軸の無いブレブレな音に聞こえてしまいます。

その対処法として、常に鼻腔共鳴させることで、綺麗に整った歌を歌うことができるようになるのです。

鼻腔共鳴の具体的な練習

①鼻腔共鳴の感覚を知る

まずは、鼻腔共鳴がうまくできている感覚を自分で確認することからはじめましょう。

発声中に鼻筋を触ってみて、ビリビリとした触感があればうまく鼻腔に音が共鳴しているということになります。
このビリビリするために音を当てるポイントを自分で探すのが最初の関門になります。

ここでオススメなのが、「ネィ」と発声し、ビリビリするポイントを探すことです。
ナ行は比較的鼻腔共鳴を起こしやすい音で、その中でも「ネィ」という音は最も鼻腔共鳴を起こしやすい音なので、感覚を掴むのには効果的なのです。
「ネィネィネィネィネィネィ」と、全部の音がビリビリを起こすまでひたすら発声してみましょう。

この時、必ず意識してほしいのは、なるべく「硬い音」で発声してもらうことです。
柔らかく息が多めな抜いた音で発声するのは、裏声交じりになってしまうため、また鼻腔共鳴とは別分野のものとなってしまいます。

なので、なるべく「息の通っていない、尖った輪郭のある硬い音」で発声しましょう。

それを意識してもらうと、自ずとビリビリするポイントが見つかるはずです。

②「ネィ」の音だけで歌う

硬い音で「ネィ」を完全に出せるようになったら、次は「ネィ」だけを使って好きな曲を歌ってみましょう!

この練習の目的は、曲を終始同じ声質で歌えるようにすることです。
音程が外れてしまう人の中には、使っている声を安定して出し続けるのが困難だという人が多くいると思います。
それを解消するために、常に鼻腔共鳴で鼻に音を集めながら、同じ声質のまま歌えるようにします。
その感覚を身につけるための練習です。

歌声が安定している人は、ほとんどの人が曲の中で終始鼻腔共鳴を維持することにより安定感を出しているので、それを心に留めて練習しましょう。
共鳴が外れてしまった時というのが、いわゆる外した時ということです。

③全ての音を鼻腔共鳴させる

次にやってもらいたい練習は、全部の音で鼻腔共鳴を起こす練習です。

「ネィ」は最初にマスターしたと思うので、既に母音である「エ」と子音の「ネ」の共鳴ポイントは理解しているかと思います。

このように、全母音+子音の組み合わせで鼻腔共鳴のビリビリという感覚を起こせるようにしましょう。

曲は色々な母音、子音の集合体です。
それら全てを鼻腔共鳴できるようになれば、プロの歌手のように、歌を一本の線のように歌うことができます。

下手に聞こえる歌というのは、声質が良い悪いというのももちろんあるのですが、声がガクガクなのもかなりの割合を占めているんですね。
それを、「鼻腔共鳴」という基準のもと、同じ調子で歌えば整ったきれいな歌になります。

全部の音で鼻腔共鳴の練習と言っても、かなり気が遠くなる作業だと思うので、自分が苦手だと思う音だけをピックアップして共鳴できるようにしてください。

既に「ネィ」でコツを掴んだ時点で、何個もの音を鼻腔共鳴できる力はついているはずです。

あとは、実際に曲を鼻腔共鳴を意識して歌ってもらうなどして、「今鼻腔共鳴が外れてしまったな」というところを重点的に埋めていけば、かなり速いペースで上手になるはずです。

頑張ってください!

まとめ

今回紹介した歌唱力倍増テクニックをおさらいします。

鼻腔共鳴とは
鼻腔(喉から鼻にかけての空間)を利用して共鳴(=音を出す)こと。

鼻腔共鳴の練習方法

① 鼻腔共鳴の感覚を知る
②「ネィ」の音だけで歌う
③全ての音を鼻腔共鳴させる
前回の姿勢編、今回の鼻腔共鳴編と合わせてかなり歌の歌い方が身についてきたのではないでしょうか。

次回もお楽しみに◎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です