【冬コミ2019】C97 対応記事一覧

夜行バスで同人イベントに行くときに覚えておきたいこと

夜行バスで同人イベントに行く

同人イベントにサークル参加するとき、高速バスは安価でイベント開催地に向かうことができる便利な交通手段です。

ここでは、夜行バスで現地入りする際に覚えておきたいことをまとめました。

大きい荷物は預けられる

キャリーカートやスーツケースなど、大型の荷物はバスの荷物置き場に預けることができます。

持ち物の全てをキャリーに入れている方は少ないかと思いますが、座席に持ち込む用のバッグも作っておきましょう。

なお、預けた荷物についての個別アナウンスはありませんので、降車時に忘れず荷物を受け取るようにしましょう。

また、荷物受け取りの際は取り違えに注意しましょう。

サークル参加の手搬入術サークル参加者のためのイベント手搬入術

夜行バスの中に持ち込むべきもの

座席まで持ち込む荷物の中に入れておくべきものをまとめました。

耳栓とアイマスク

耳栓とアイマスクは、夜行バスであるなら必ず持っていってください。

どんな場所でも寝れるという方ならいいですが、自家用車や電車内で眠るのとは訳が違います。

車内は絶えず揺れてカーテンは薄く日光が差しますし、隣の人のいびきがうるさいとも限りません。

翌日寝不足にならないためにも、ぜひ用意しておいてください。

パンフレット代とサークルチケット

これら2つは、イベント会場に入るときすぐに出せるようにしておく必要があります。

預け入れのキャリーではなく、手持ちのバッグに入れておくべきという意味でここに記載しました。

飲み物

高速バスや夜行バスは、いずれも長丁場の乗車となります。

走行時間に応じて、好きな飲み物を用意しておくと良いでしょう。

充電器・充電コード

車内での娯楽は、持ち込んだ電子機器くらいしかありません。

特に、スマートフォンの充電が切れた状態で知らない土地に降り立つとなると大変ですので、充電コードや充電器は携行しましょう。

イヤホン

夜行バスの場合、各バスごとに異なる消灯時間が存在します。

消灯時刻を過ぎてもなかなか眠れない…という場合は多く、しかしずっとスマートフォンを触っていると、目は疲れ、他の利用者の迷惑になります。

そんなときは、好きな音楽をイヤホンで聞いてリラックスしてみてください。

あると便利なもの

財布

夜行バスでは、2時間から3時間おきに高速道路のサービスエリア・パーキングエリアに停車する休憩時間があります。

トイレついでに飲み物を買いたくなるというパターンは多いので、財布も持ち込んでおくと焦らずに済みます。

朝食・お菓子

万が一お腹がすいたときのために、軽く食べれるものを持ち込んでおくと便利です。

朝5時を過ぎたあたりから他の乗客も起き始めますが、やはり降車ギリギリまで寝ていたい人はいます。

なるべく音を立てず、匂いも弱めのものを選べると良いですね。

ネックピロー

耳栓やアイマスクは寝やすさをもたらしますが、高速バスの狭い座席は快眠できるものではありません。

首部分を保護するネックピローがあると、態勢が楽になり、降車時に疲れを残しません。

中綿のネックピローを選ぶと荷物がかさばる原因となるため、空気を入れて使うタイプのものを選ぶとなお良いです。

使い捨てスリッパ

同じ体勢で靴を履いていると、次第に足が疲れてきます。

スリッパを持ち込み、車内で履き替えると開放感があり、靴下も汚れないので快適に過ごせます。

マスク

車内の乾燥から喉を守るほか、寝顔やすっぴんも隠せるという利点があります。

人目が気になってしまうタイプであれば、マスクも1枚持っていくことをおすすめします。

その他

乗り物酔いをする可能性が少しでもあれば、酔い止め薬を持ち込みましょう。

早めに申し込む

高速バスは、早めに申し込めば申し込むほど料金は安くなり、時間にも融通が利きます。

イベント開催直前になってからバスを探そうとすると、高い料金の座席や遅い時間に到着するバスしか残っていなかったり、ということが起こり得ます。

例えば、高速バス予約サイト「バスブックマーク
」を見てみると、当日予約できるバスと2週間後のバス予約では、料金に約8000円の差があります。

早割などのサービスを設けているバス会社も多いため、「バスで行こう」と思い立ったらすぐに便を探すようにするとお得です。

到着時間はずれるもの

夜行バスには目的地への到着時間が存在しますが、それはほとんどの場合で遅れるものだと思ってください。

著者自身、これまでに10回以上高速バスを使用していますが、昼行・夜行に限らず、毎回到着時間にズレが生じます。

ずれる時間は5分~10分の誤差程度もあれば、渋滞により30分以上遅れることもあります。

つまり、到着時間に待ち合わせて現地のフォロワーと遊ぶ…なんてことはトラブルを招きかねないため、余裕を持ってスケジュールを組むようにしてください。

到着地周辺を把握しておく

使用するバスがターミナル駅の目の前に到着するものであれば問題ありませんが、駅の裏や駅から少し離れた駐車場に到着するものも多くあります。

駅まで徒歩10分以上かかる場合もあるので、スムーズに移動できるように駅までのルートを下調べしておきましょう。

▼高速バスの予約ならバスブックマークがおすすめです!