脱・売上0サークル!態度と設営の改善で目指す、立ち寄りやすいスペースの作り方

脱・売上0サークル!態度と設営の改善で目指す、立ち寄りやすいスペースの作り方

こんにちは、kanamego(@MEGOPRESS)です。

イベントに参加したとき、意外と目につくのが近寄りがたいサークルです。

サークル主がずっとスマートフォンを弄っていたり、机上に敷布がなく殺風景であったり。

そのようなサークルは、どんなに表現力やクオリティが高くとも、その態度と設営だけで本来作品を手に取ってくれる人を遠ざけてしまっています

今回の記事では、著者が10年間サークル参加する中で習得した、購入意欲を高めるスペースの作り方を伝授します。

近寄りがたいサークルの特徴

代表的な近寄りがたいサークルの特徴としては、この5つです。

特徴①サークル主がずっとスマートフォンを弄っている
理由:俯いていて暗そうに見える・立ち寄っても反応してくれなそう特徴②売り子・買い手問わず、特定の参加者と話し込んでいる
理由:立ち寄っても頒布物を見るスペースがなさそう・購入できなさそう

特徴③サークル主がずっと正面を向いている
理由:立ち寄ったらどんな対応をされるか分からない・怖い

特徴④机上が殺風景・適当
理由:売れていない(人気のない)サークルに見える・相応の作品を頒布しているように見える

特徴⑤頒布物を平面に配置している・立体感がない
理由:何を頒布しているのか判断できない

もし1つでも当てはまる項目があれば、本来作品を手に取ってくれる人、つまり将来のファンを遠ざけてしまっている可能性があります。

立ち寄りやすいスペースの作り方

では、立ち寄りやすいスペースとは具体的にどのようなものなのかを紹介します。

態度編

スペースに立ち寄った人に一言かける

スペースの前で足を止めてくれた方に対しては、「どうぞお手にとってご覧ください!」と声をかけましょう。

話しかけないでほしいという考えの参加者も多いですが、私自身は無反応よりは遥かに嬉しいです。

声をかけた後は、相手を見つめたり話しかけるのではなく、自分のしていた作業に戻ります。

ペーパーを渡す

立ち寄った人が頒布物の購入を検討しているようであれば、ペーパー(無料配布物)を手で示し「良かったらペーパーだけでも貰っていってください!」と声をかけます。

会話のきっかけにもなりますし、頒布物購入への後押しにもなります。

丁寧な接客をする

接客において、「ありがとうございました!」は何よりも重要です。

次に、適切な声量での会計と丁寧な受け渡しも大切です。

また、相手がペーパーを手に取っていないようであれば、「ペーパーお付けしますね」と声をかけ、購入物とともに渡しましょう。

気遣いをされて、嫌な印象を抱く人間はいません。

スペースにいるときの態度

やることがないときに取る行動には、正解が存在しないのでなんとも言えないのが本音です。

著者の場合、このように暇を潰しています。

・スマートフォンを弄る
・スペース状況の発信(新刊完売しました等)
・戦利品を読む
・スケブに絵を描く
・机上の整理
・差し入れを食べる

寝ることとだらけること、そして「何もしない」ことは絶対に避けています

設営編

賑やかさを演出する

机上が殺風景・頒布物に立体感がないことに共通する点は、賑やかさの不足です。

頒布物と敷布は確実に用意し、必要に応じて立体感を出すグッズを取り入れましょう。

スペースに賑やかさを出すためには、これらのグッズが役立ちます。

・ポスター
・(卓上)ポスタースタンド
・イーゼル
・販促什器
・折りたたみラック
・カードスタンド

敷布の色選び

一般的に「敷布は無地や暗い色の方が頒布物を見やすくていい」と言われますが、私の場合は世界観を表すひとつのアイテムと認識しています。

頒布物が少量で敷布も暗い色であると、やはり近寄りがたい印象は受けます。

どうしても視認性を重視するなら良いですが、そうではないのなら、明るめの色や自分好みの柄を使って良いと思います。

そんな私は見やすさの真逆をいくような、細いななめストライプ柄の敷布を使用しています。

スペースレイアウトの工夫

▼頒布物が複数種類の場合

頒布物が複数ある場合、それぞれ30冊~50冊を目安に机上に並べましょう

「沢山出したら気合を入れて刷ったのが分かって恥ずかしい」という気持ちもわかりますが、数冊単位で配置していると、それだけしか売れないサークルという印象を受けます。

著者の場合、新刊・既刊問わず、机上に出せば出すほど手に取られる回数も増えました。

▼頒布物が1種類の場合

頒布物が1種類しかない場合でも、ちょっとした工夫で殺風景なスペースを回避できます。

・頒布物を表紙と裏表紙が見えるように並べる
・ペーパー等の無料配布物を用意する
・卓上ポスターを用意する
・おしながきやあらすじを印刷してカードスタンドに入れる
・イーゼルにスペース番号とサークル名を記入したスケッチブックを置く

あとがき

態度と設営を改善し、居心地が良いサークルを作ることで、自然に立ち寄る人も増えて結果的にはファンが増えます。

頑張ってるのにどうしても売れ行きが悪い!
絵は上手いはずなのに人が来ない!

そんな方、自らの受け持つ、そのスペースに問題があるのかもしれません。

是非、参加者にとって近寄りやすい雰囲気を作り、いろいろな方との出会いの場所としてください。

 

Ofuse受付中

CTA-IMAGE web上でお布施を送れるサービス「Ofuse」に登録してみました。
この記事が役に立ったら、是非お布施をお願いします◎

記事リクエスト等もお待ちしております!

同人活動カテゴリの最新記事