新刊表紙をスペース用ポスターにしてみよう!(データ作成方法・お役立ちツール)

同人誌表紙をポスターにしてみよう

サークル参加のとき、卓上ポスターや大判ポスターを用意すると、集客効果も狙えてスペースが華やかになります。

ポスターのデザインは描き下ろしのイラストでも問題ありませんが、新刊の表紙デザインを流用することで、サークルの宣伝に新刊の宣伝も兼ねることができるのでおすすめです。

ここでは、表紙デザインを使って手っ取り早くサークルポスターを作る方法を紹介します。

データの作成方法

今回は、左図の表紙デザインを使って、右図のようなポスターを作成していきます。

①テンプレートを用意する

各印刷会社から、ポスター用テンプレートをダウンロードします。

テンプレートは、Illustrator用・Photoshop用と分かれている場合が多いです。

Illustrator用データは他のソフトで開くことはできませんが、Photoshop用のテンプレートはCLIP STUDIO、SAI、FireAlpacaなどでも使用することができます。

注意
SAIでPhotoshopデータを開く場合、カラーモードはRGBである必要があります。

もしSAI以外のソフトを持っておらず、使用印刷所のテンプレートがCMYKモードだった場合には、印刷所の乗り換えやカラーモード変換をご検討ください。

テンプレート不要の場合

印刷所によってはテンプレートの用意がなく、テンプレート不要の場合もあります。

その場合は、psd対応のソフトで原寸サイズ+塗り足し(上下左右に各3mm~5mm)のキャンバスを作成してください。

②デザインを配置する

ペイントソフトで開いたテンプレートに、表紙デザインを配置します。

このとき、表紙データのタイトル等が不要であれば該当データは非表示にし、保存しておいてください。

注意
レイヤーを表示したままだと、そのレイヤー込みでデザインが配置されてしまいます。

SAIやCLIP STUDIOを使用する場合は、下のような処理で配置を行います。

  • SAIの場合:[ファイル]→[キャンバスを開く]→配置したいレイヤーを結合しコピー→テンプレートにペースト
  • CLIP STUDIOの場合:[ファイル]→[読み込み]→[画像]

配置したデザインは、テンプレートの塗り足し部分を埋めるサイズまで拡大します。

塗り足しとは仕上がりのサイズよりも外の、裁ち落とされる部分を指します(上の図では赤い部分)。

この塗り足し部分を埋めていないと、データ不備となり再入稿になる可能性が高いので注意してください。

③文字入れ

必要に応じて、これらの情報を記載します。

  1. スペースナンバー
  2. サークル名
  3. CP(キャラクター名)・ジャンルや傾向
  4. インフォメーション

「新刊あります」「◯◯総受け」「スケブ受付中」など、簡単なインフォメーションを入れておくと集客率が上がります

同人ポスターサイズの選び方スペース用ポスターサイズの選び方とデザイン作成例

④入稿

印刷所規定に沿ってデータ名を変更したり、フォルダを圧縮して作業終了です。

使用する印刷所へ注文を行い、データを入稿してください。

おすすめのポスター印刷所はこちらの記事で紹介しておりますので、是非あわせてご確認ください。

一枚から宅配搬入できるポスター印刷所リスト【短納期】1枚から同人ポスターを宅配搬入できるポスター印刷所リスト 1枚から布ポスターを刷れるポスター印刷所A1サイズ4000円以下!1枚から布ポスターを作れるポスター印刷所比較

ポスター作りに役立つツール

超解像x2

超解像X2

画像引用:CLIP STUDIO PAINT プラグイン

画像拡大時のジャギーを軽減してくれる、CLIP STUDIO PAINT EX専用ツールです。

なめらかに画像を拡大できるため、表紙データをポスター原寸サイズまで拡大しても、普通に拡大するよりもきれいな画質を維持することができます。

使用済みのポスターを譲渡・頒布する場合や、近くで見てもきれいなポスターを作りたい場合におすすめできるプラグインです。

超解像x2