【冬コミ2019】C97 対応記事一覧

【同人活動用】無難で親しみやすいハンドルネームの決め方講座

ハンドルネームの決め方講座

同人活動でまず必要となるのは、自分自身の代名詞、ハンドルネーム(HN)です。

ハンドルネームは特にこだわりもなく付ける方が大半ですが、初めはHNを決めるのにも迷ってしまうものです。

ここでは、無難で覚えやすい、つまり親しみやすいハンドルネームの決め方を紹介します。

「これからHNを決めたい!」
「今のHNに飽きたから改名したい!」

そんな方はぜひ参考にしてみてください。

HNの決め方講座

①HNの基本

・自分で自分の好きなHNを名乗っていい
・名字のみ・名前のみ・名字と名前など、どんなものでもOK
・基本的には1人1つのHN
 ※ジャンルごとに名義を変えるなど、2つ以上のHNを持つ人もいます

②HNの付け方

これらを上手く組み合わせ、しっくりくるHNを生成してください。

A.本名をもじる

これが最もスタンダード且つ楽な決め方です。

自身の本名を対義語にしてみる・類語にしてみるなどの方法で、別のものに入れ替えていきます。

思いつく限りのもじり方を例とともに記載するので、試してみてください。

・対義語にする
 例:空→海、白→黒、大→小

・類義語にする
 例:山→岳

・同じジャンルの違う文字にする
 例:雲→霧(天気)、桜→あじさい(花)

・順番を入れ替える(アナグラム)
 例:くみ→みく、yuuta→tuuya

・一文字ずつ変換する
 例:あき→亜季、由紀子→雪子

・連想する
 例:由佳(ゆか)→床→toco、トコ、しとね

・音読み・訓読みを変える
 例:彩花(あやか)→さいか、由子(ゆうこ)→よしこ

・名字と名前の頭文字を入れ替える
 例:ながたゆい→なゆ、ゆな

・文字を追加する
 例:沙奈(さな)→さなり、さかな

友達や家族に呼ばれるニックネームを、そのままHNにしてしまうという手もあります。

B.好きなものから取る

好きな食べ物、季節、キャラクター、色などからHNを作る方法です。

C.憧れの対象から取る

好きな人の名前の一部や憧れの名前からHNを作る方法です。

D.語感から決める

本名や好きなものに関係なく、思いつきの語感を頼りにする方法です。

既に一部分が決まっている場合には、強い味方になります。

例えば苗字がHNとして確定していたら、それに合う語感の名前を組み合わせてみる、という流れです。

この方法は最も時間がかかりますが、その分愛着のわくHNが作れます。

余談

著者自身の名義は「九十九かなめ」ですが、このHNはDとCの手法を組み合わせて生成したものです。

本名が女の子らしいのがコンプレックスだったため、中性的な名前に憧れて「かなめ」を採用しました。

初めのうちは”かなめ”のみで活動していましたが、他のユーザーと被ることが多いため好きな語感の「九十九」を追加しました。

③微調整をする

HNに使う単語が確定次第、アルファベットやカタカナ・漢字にも変換し、よりしっくりくるものはないかを確認します。

その後最終チェックを行い、HN確定です。

HNを確定する前のチェックリスト

①手書きで書けますか?

手書きで書けない文字は、裏を返せば馴染みのない文字です。

個性派を目指すならそれで問題ありませんが、できるだけ簡素な文字を使うのが無難です。

NG例:「麤」などの極端に難しい漢字
②漢字部分は常用漢字ですか?

親しみやすさには影響しませんが、後々同人誌を発行する際に苦労します。笑

常用外の漢字はフォントに対応していないことが多く、使用できるフォントが制限されます。

イベントへのサークル参加申し込みにもHNは必要となりますので、そのときに弾かれてしまう可能性も生まれます。

NG例:「靄」「翰」などの常用外漢字
③ひと目で読めますか?

一瞬で見てとれる名前にはインパクトはないものの、覚えやすいという利点があります。

読みやすいHNが好ましいです。

NG例:極端に難しい漢字、一般的ではない読みのHN
④発音はしやすいですか?

同人活動を進めていくと、趣味を通して繋がった相手と通話をする機会も出てきます。

また、イベント参加の際には実際に名前を呼ばれる機会も多くあります。

極端に発音しづらい・公共の場で呼びづらいHNは避けるのが吉です。

NG例:「あ」など一文字のHN、「を」「ん」から始まるHN、蔑称、差別用語など
⑤他のユーザーと被りませんか?

一般的すぎる名前は、被りやすいです。

NG例は出せませんが、一度HNで検索してみて、被る人が多いのであれば名字や名前の追加を検討しましょう。

前述のように、「かなめ」3文字のHNは被りやすく、同じジャンル内でも2人ほど見かける機会がありました。笑

まとめ

自分の愛着のわく語感を探し、以下の4点を守れば、覚えやすい・親しみやすいHNが作れます。

・手書きで書ける
・漢字部分は常用漢字
・ひと目で読める
・発音しやすい
・他のユーザーと被らない

ぜひ、好きな名前を自分の代名詞にしてみてください!