原稿中の作業用BGMに【本の朗読】はいかがですか?

【同人イベント会場用】頒布グッズの値段の決め方

頒布グッズの値段の決め方

同人イベントにサークル参加する際、迷うのが頒布物の価格設定です。

ここでは、グッズを会場で頒布する場合の値段の決め方の一例を紹介します。

頒布グッズの値段の決め方

各グッズの頒布価格の相場を知ることで、価格設定に役立てることができます。

自身が無い場合は相場の下限、こだわり仕様のグッズを作った場合は相場の上限を目安とし、価格をつけてみてください。

紙もの


【価格設定の目安】原価+100円未満
紙ものは、その名の通り紙に印刷を施したグッズを指します。

他のアイテムと比べて最も低コストで生産できる分、頒布価格も安くなります。

ステッカー

相場:100円~200円
ステッカーは材質やサイズにもよりますが、100円から200円が設定されていることが多いです。

単価を100円として、ステッカー2枚セット200円として頒布しているサークルも多いですね。

フレークシールセット

相場:200円~300円
フレークシールはカットする手間がかかる分、ステッカーより高値がつけられている印象です。

カット済みで納品される、フレークカットシール印刷所もありますが、その場合もやはりステッカーよりは印刷費がかかります。

相場は200円から300円ですが、封入されているシールが30個や40個などの多数になる場合、手間賃を考えて500円以上を設定しても良いかと思います。

ポストカード

相場:100円~200円
ポストカードを自宅で印刷する場合は100円、印刷所を通して印刷する場合は200円を目安としてみてください。

150円などの50円刻みの価格で頒布しているサークルも多いですが、会計が面倒です。

立体物


【価格設定の目安】原価+100円
立体物は、印刷部数によって単価が大きく変わる点が特徴です。

小部数印刷の場合は高め、大部数印刷の場合は安め、というように、印刷単価も考慮して価格を設定してみてください。

アクリル製品

・アクリルキーホルダー
・アクリルスタンド
・アクリルストラップ
・アクリルバッジ 等
両面印刷の場合
相場:400円~500円
両面印刷は片面印刷よりも高い印刷費がかかりますが、そのぶんクオリティが増します。

40mmサイズのものは400円、50mmサイズのものは500円、60mmサイズのものは600円というように、サイズに伴った価格設定をするのがおすすめです。

片面印刷の場合
相場:300円~500円
片面印刷は片面にしか印刷ができない分、両面印刷よりも安く印刷できます。

両面印刷の完成度には劣るため、40mmサイズのものは300円、50mmサイズのものは400円、60mmサイズのものは500円というような価格設定をおすすめします。

加工ありの場合

アクリル製品印刷の際、ドーム加工やホログラム加工、コーティング加工などの加工が施せる場合があります。

このような加工をした場合は、先述の方法で決めた価格+100円を目安として、価格を設定しています。

ただし、加工はひと目見ただけではわからないものが多く、100円盛った価格を付けていると「高い!」という印象を持たれかねません。

その対策として、おしながきやパッケージに特殊加工がある旨を記載しておくと良いです。

マグカップ

相場:1000円~1200円
マグカップは1個あたり500円から作れる印刷所も多く、意外と安く制作できるアイテムです。

そのため、900円や1000円といった低価格がつけられている場面も多いですが、実際には陶器のため重さがあり、搬入・搬出に手間がかかります。

個人的には、その手間を考えて1200円以上を設定したいところです。

缶バッジ

相場:200円~300円
缶バッジは丸型、ハート型、三角形、四角形などの様々な形が印刷できます。

単価の相場は形にかかわらず、200円~300円の印象です。

個人的には、以下の表のような価格設定方法をとっています。

丸型32mm 100円
丸型56mm 200円
丸型75mm 300円
特殊形状(ハート等) 300円
特殊加工 +100円

1個あたり100円程度の原価で印刷できて人気も高いアイテムなので、印刷費は回収しやすいです。

布製品


【価格設定の目安】原価+300円~500円
布製品印刷は1枚あたりの原価が高価となりますが、原価に500円以上上乗せした額を頒布価格とするパターンが多く見受けられます。

ハンドタオル

相場:300円~400円
ハンドタオルは布製品印刷の中でも安く、手軽に制作できます。

似た形状のメガネ拭きやハンカチに関しても、300円程度が相場と言えるでしょう。

Tシャツ

相場:1500円~3000円
Tシャツ印刷は、高いところでは1枚2000円以上、安いところだと1枚1000円以下というように、印刷所によって価格が大きく変わります。

原価やクオリティを考え、適切な価格を設定するのがベストです。

バッグ

相場:1000円~1500円
「バッグ印刷」だけでも、不織布バッグ、トートバッグ、ランチトートなど多くの種類が存在します。

種類やサイズによりますが、一般的には1000円代の値段がつけられています。

バッグ自体が小さい・素材が薄いのであれば1000円代前半、バッグ自体が大きい・素材がしっかりしている・印刷代がかかっている場合は1000円代後半を目安としてみてください。

ポーチ

相場:800円~1200円
ポーチは布素材の他にも、クリア素材や革素材のものも印刷できます。

こちらも素材やサイズによりますが、原価に何百円かを上乗せした価格が設定されることが多いです。

まとめ

今回、各グッズの相場や特徴を紹介しました。

以下の表は、当記事で紹介したグッズとその相場のまとめです。

ステッカー 100円~200円
フレークシール 200円~300円
ポストカード 100円~200円
アクリル製品 300円~500円
マグカップ 1000円~1200円
缶バッジ 200円~300円
ハンドタオル 300円~400円
Tシャツ 1500円~3000円
バッグ 1000円~1500円
ポーチ 800円~1200円

高い価格を設定すると手に取られない、という面は実際にありますが、こだわっているものであれば相応の価格を付けるべきです。

ここで紹介した相場を参考とするとともに、原価を割らず、印刷費・諸経費を回収できる価格を設定してみてください。