Twitterでも創作・同人に役立つ情報を発信中!

はじめての一般参加で知っておきたい、同人イベントのルールとマナー

一般参加のルールとマナー

同人誌即売会に一般参加するうえで知っておきたい情報をまとめました。

はじめて一般参加する方はもちろん、何度もイベントに参加しているという方も、改めて確認しておきましょう!

来場時のルール

徹夜はNG!


同人イベントに参加する際は、イベント当日の始発以降の公共交通機関で会場に向かいましょう。

自家用車での来場は禁止されている場合が多いです。

イベント側で来場時間が設定されている場合は、それに従ってください。

コミックマーケットなどの大規模イベントでは「徹夜組」と呼ばれる、イベント前日に会場に入る人たちが存在します。

どうしても欲しい本がある、何が何でも欲しいグッズがある!

そんな気持ちは自分だけでなく、来場者全員が平等に持っているものです。

どんなイベントでも深夜来場は禁止されていますので、ルールを守りましょう。

荷物はコンパクトに!


同人イベント会場は広いですが、通路は思っている以上に狭いです。

キャリーカートや大型の荷物は予めロッカー等に入れて、身軽な格好で動けるようにしましょう。

なお、イベント会場のロッカーは既に埋まっていることが多いので、乗り換え駅などで入れておくと後悔せずに済みます。

また、痛バッグの扱いにも注意してください。

痛バッグにつけたグッズを、イベント参加時に失くしてしまう事例をよく見かけます。

グッズは落ちないように加工し、他人にグッズの先端が刺さったりぶつかることがないように工夫しておきたいですね。

会場内でのマナー

会場内は走らない!


同人イベントには、多くの人が訪れます。

特に都心で開催されるイベントだと、サークル参加者と一般参加者で万単位の参加者がおり、非常に混雑します。

どんなに早く目当ての本を買いたくても、会場内は走らないようにしましょう。

会場内の撮影は禁止だよ!


同人誌即売会場内の写真撮影は、原則禁止されています。

フォロワーと待ち合わせをするという状況でも、現在地の写真や自撮りは撮影ができませんので注意してください。

コスプレエリアでの撮影は可能ですが、その場合もレイヤー本人に許可を取ってから撮影するようにしましょう。

スペースでのマナー

未成年はR18本は買えないよ!


18歳未満の未成年が成人向け(R18)の同人誌を購入することはできません

どうしても欲しい成人向けの本があったとしても、代行を頼んだり素知らぬ振りで購入するのではなく、対象年齢になるのを待ちましょう。

未成年に成人向けのものを頒布した場合、責任を問われるのはサークル側です。

自分の勝手な行為で、他人に迷惑をかけないようにしましょう。

身分証をすぐ出せるようにしておこう!


成人向けの同人誌を購入する場合、身分証の提示を求められる場合があります。

その場合はすぐに応じ、生年月日が確認できる身分証明書を提示しましょう。

お金は崩して持っていこう!


同人イベントの出展者(サークル参加者)は、個人でスペースを取っています。

街中の店なら朝一の買い物で一万円札を出したとしても、レジ金が用意されているため対応することができます。

しかし、個人で参加している彼らは、レジ金ほどのお釣りは用意していません。

10000円札や5000円札は、予め100円玉や500円玉に両替しておきましょう。

小銭に両替しておくことで会計がスムーズに進むため、サークル側はもちろん、自分やほかの購入者もストレスフリーになります。

実際に、開場直後の高額紙幣支払いをNGとしているサークルも多いですね。

新刊の試し読みは確認程度に!


個人的に、全部読んで買われないよりかは、数ページ試し読みをして買われない方が嬉しいです。

逆にいえば、全ページじっくり読まれて買われないのは悲しいです。

「スペースに行ったら必ず何かを買え」ということではありませんが、常にお互いに気持ち良く過ごせることを意識できるといいですね。

作家を目的にスペースに行かない!


同人誌即売会は、同人誌の頒布を目的としたイベントです。

参加者同士の交流がメインではないので、これらの行為はやめましょう。

  • 憧れの作家の顔を見る目的でスペースに行く
  • 差し入れだけを目的にスペースに行く
  • 売り子との会話だけを目的にスペースに行く

スペースの上に荷物を置かない!


頒布物を購入する際、自分の持ち物を相手サークルの机上に置く方がいます。

敷き布の上ならまだ許せるものの、頒布物の上に置かれると悲しくなると同時に怒りも湧きます。

もし自分の作品の上や、自分の領域内に勝手に物を置かれたら嫌ですよね。

「自分がされたら嫌なこと」は、他人にもしないようにしましょう。

大きめで厚手のトートバッグなどを活用し、荷物を整理しておくとベストです。

値下げ交渉はできないよ!

同人イベントでは、サークル主が自由に頒布物に値段をつけることができます。

付けられている価格は、一般社会に出回っている漫画やグッズと比べると高価に感じると思います。

ですがその価格は「儲けたいから」高いのではなく、「材料費などの諸経費や制作時間がかかっているから」付けられたものです。

値下げ交渉は行うことができませんので、付けられた価格で頒布物を購入してください。

スペースには長居しすぎないように!


前述のように、同人誌即売会は同人誌の頒布がメインです。

仲の良いフォロワーがサークル参加していたとしても、話し込みすぎないように注意しましょう。

また、スペースで話している途中に他の参加者が訪れたら、脇に避けるなどでその人が頒布物を見れるように配慮しましょう。

「話し相手も他のフォロワーと話したいかもしれない」
「話し相手も同人誌を買いに行きたいかもしれない」
「他の参加者の邪魔になっているかもしれない」

これらのことを、常に意識できると良いですね。

差し入れについて

一般参加者の頒布は禁止だよ!


同人誌即売会において、サークル参加者以外の頒布は禁止されています。

ここでの頒布とは、これらの行為を指します。

  • Twitterで募集をかけて自作グッズ(ラミカ・ポスカ・缶バッジ等)をプレゼントする
  • 複数人のフォロワーに自作絵を差し入れる
  • 知り合いのサークルに自作の同人誌を差し入れる

もし、このような行動を取りたい場合には、一般参加ではなくサークル参加としてスペースを取る必要があります

「みんなやってるからいいと思った」ではなく、しっかりイベントルールを確認してから参加しましょう。

参考 イベントで一般参加者が頒布・無配するのは禁止行為ですtogetter

その他のマナーとルール

戦利品は家で読もう!


同人誌は、一般書店には流通していないものであり、独自の文化を持っています。

なかでも二次創作の同人誌は、原作が世間に流通しているものになるため、一般人の目に入ると原作と見分けが付かず、混乱の原因となります。

このほかにも細かい要因はありますが、マナーとしてこれらの行為は控えましょう。

  • 会場の脇に座って読む
  • 帰りの電車内で読む
  • 公共の場で読む

萌え語りも個室や家で!


同性愛(BL.GL)要素や下ネタ要素を含む萌え語りを公共の場ですることも、好ましいものではありません。

公共の場、つまり一般人がいる場所でそのような話題を出してしまうと、マナーを守れていないことと同義になり、ジャンル全体の評判を下げることになります
(いわゆる「民度」がこれに当たります)

イベントは楽しいものですが、盛り上がりすぎて羽目を外さないよう注意してください。

コスプレ撮影時は声をかけよう!


会場内の撮影は禁止です!の項目にも書きましたが、コスプレイヤーを撮影する場合には一言声をかけて許可を取りましょう

誰しも、知らない人にいきなり写真を撮られたり、隠し撮りされたら嫌ですよね。

「すいません、写真撮らせてもらってもいいですか?」の一言を言えるようにしておきたいですね!

イベント公式の案内を確認しよう!

今回紹介したルールとマナーの他にも、イベントごとに細かい規則があります。

参加するイベントの日程や会場だけでなく、参加する上での決まりも確認しておきましょう!

参考 スタジオYOU 参考 赤ブーブー通信社 参考 青ブーブー通信社 参考 COMITIA