オタクEDがiPad Proを買った話【使ってみて気づいたこと・変わったこと】

オタクEDがiPad Proを買った結果

こんにちは、同人女から趣味無し社会人へと成り果てた九十九かなめ(@kaname5)です。
ここまで悲しい前置きなかなか無くないですか?

さて今回、前々から気になっていたiPad ProApple pencilを購入しました。

当方、気が向いた時のみ絵を描く程度のイラスト趣味でしたが、購入してからは「気が向くので絵が描ける」ようになりました。

今回は、オタクEDがiPad Proを購入した結果について詳しく紹介していきます。
iPadの購入を検討している方や同じ状況にある方は、是非ご一読ください。

何故iPad Proを買ったのか

ipad購入までの経緯
以前は月1以上は同人イベントに参加し、その都度新刊を出していた私ですが、現在では3週間に1枚でも絵を描けば良いほうくらいまでに絵を描く頻度が低下しています。

これは単純に絵を描く題材が無いことも影響していますが、何よりも大きいのは「帰宅した時点で絵を描く(パソコンを起動する)体力が残っていない」ことです。

学校を卒業して社会人となり、帰宅して夕飯を食べては体力の限界を迎えて寝転がるような日常生活を過ごしていました。

友人の勧めでcoconalaを通してイラストの受注を始めたこともあり、このまま絵をさぼって画力が低下していくのは避けたいと思い、寝転がりながらでも気軽にイラストを描けると話題のiPad Proを購入した次第です。

iPad Pro購入までの葛藤

ipad購入までの悩み
iPadを購入したはいいものの、買うまでは「買うか買わざるか」の長い葛藤がありました。

すでに漫画やアニメに熱中する心を失ってしまったため、買ったところで活用できるのか・買ったところで描く絵が無いのではという不安があったためです。

使わずじまいで後悔することは避けたい、そんな思いもあったことから、最も容量が小さく安価な「iPad Pro 10.5inch 64GB」を購入しました。

趣味無し社会人がiPad Proを使ってみて

ipadを買ってからの変化
悩んだ末にiPad Proを購入した私が、その後どうなったかについて紹介します。

久々に散財できた

趣味無しということはつまり、大金をかける趣味が無いということです。
今まで遠征代、チケット代、印刷費、漫画代とお金を浪費していたのが突如行き場を無くした私にとって、これは何だかんだ喜ばしいことでした。

というのも、 iPadで絵を描こうとすると、本体のほかにもApple pencilやカバー・フィルム、イラスト作成アプリを買わざるを得ない状況となるためです。

不本意な部分があるのも拭えないため、まさに嬉しい悲鳴です。笑

絵を描く機会が増えた

紙に絵を描くようにデジタル作業ができるというもの珍しさからかもしれませんが、絵を描く機会は増えました

やはり、起動とアプリの立ち上げまでがスムーズで、寝転がりながらでもイラスト作成ができる部分が大きいです。
空き時間に対して「暇だしすること無いからダラダラしてよう」と捉えていた自分から「暇だからお絵描きしよう」というかつての自分へ徐々に変化しているように感じました。

使い勝手は悪い

これまではペンタブレットのみでイラストを描いていましたが、iPadは液晶タブレットの感覚に近いです。

これが何を意味するかというと、キーボードでコマンドを使いながらイラストを描くことはできないということです。
別付のキーボードを買うにも高いため(約2万円)キーボードなしでの作業に慣れる方を選びましたが、わりと難しすぎます。笑

画面に手を置きながら作業をすると勝手にその部分に描画されたと認識されてしまい、キャンバスに不要な点や線が入り込むというデメリットもあります。

動画・漫画に触れる機会も増えた

普段はiPhone7を使用しており、そこで動画や漫画を閲覧しているものの画面は小さく、目の疲れと共に視聴をやめてしまうことがありました。
それと比べるとiPadは画面が大きいため、動画も漫画も見やすくなり、結果的にはコンテンツに触れる時間が長くなりました

さらに、画面が大きいことである程度本体を離しても見れる形となったおかげで画面を凝視する必要が無くなり、iPhone使用時と比べて目の疲れも軽減されました。

後悔は無い

あれほど買うのを躊躇っていた私ですが、購入したことで後悔はありませんでした。

イラスト作成目的で買ったもののまだ使いこなせず、満足の行くイラストは描けませんが、それも新鮮でいい勉強となっています。
暇を持て余すことは無くなったというだけでも、いい買い物をできたと感じます。

オタクEDがiPad Proを買った結果

趣味無し社会人がiPad Proを購入したところ、イラストを描く時間が増えました

無理に漫画・アニメに触れるということはしていないためオタクに戻れるとまでは行きませんでしたが、iPadを活用してコンテンツに触れ続けていけば、いずれは何かのコンテンツに没頭できることはあるのではないかと感じます。

とりあえずは「暇だからお絵描きしよう」という、以前の自分の行動パターンを取り戻せたことだけでも大きな収穫です。

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です