エッセイ「マッチングアプリで処女喪失」配信中!

OSUGA Cuddly Bird(オスガ カドリーバード)レポ

  • 電マの使用感が好き
  • 部屋に置いても違和感のない、スタイリッシュなラブグッズが欲しい

そんなあなたにおすすめなのが、吸引ローターOSUGA Cuddly Bird(オスガ カドリーバード)

  • 電マに近いハイパワー刺激×洗練されたデザイン
  • ベッドサイドライトとして「見せる収納」ができる
  • 安全ロック機能付きで実家暮らしでも安心

ここでは、吸引ローター「OSUGA Cuddly Bird」を使った感想を詳しく紹介します。

この記事を書いた人

カナメキヌコ

20年以上男性不信でしたが、Tinderでこじらせ処女を捨てたことをきっかけに、自分の性別を楽しめるようになりました。

エッセイ漫画「マッチングアプリで処女喪失」ピッコマ他で配信中!

漫画家&ブロガー

⚠️すべてのラブグッズは、このような立場・体質からレビューしています。

・ラブグッズ所持数40個以上(中級者相当)

・クリトリス包茎(クリトリスが露出していない)

・中イキ未経験&性交痛持ち(挿入に抵抗あり)

・粘膜に抵抗あり(膣内への指入れ不可)

OSUGA Cuddly Birdってどんなラブグッズ?

Cuddly Birdは、吸引機能と振動機能を搭載した吸引ローターです。

クリトリス吸引3種類
Gスポットバイブ4種類

吸引機能と振動機能は個別でON/OFFを切り替えられ、同時に起動することはできません。

○ボタン(右)吸引機能ON/OFF(長押し)、パターン切替(クリック)
≈ボタン(左)振動機能ON/OFF(長押し)、パターン切替(クリック)
◯ボタン・≈ボタン安全ロック機能ON/OFF(同時長押し)

触り心地はすべすべ&もちもちで、セルフプレジャーアイテムブランド「iroha」の質感にかなり近いです。

今回紹介しているグリーンを含めた、3つのカラーバリエーションがあります。

  • ピンク
  • グリーン
  • イエロー

内容物はこちらの5点。

  1. Cuddly Bird本体
  2. 充電台
  3. ガラスドーム
  4. 収納ポーチ
  5. 取扱説明書

充電台とガラスドームを組み合わせることで、収納ケースになります。

充電台
充電台+ガラスドーム

本体と充電台はマグネットで接続し、充電台とコンセントは差し込みタイプのUSBケーブルで接続します。

マグネット接続部

ガラスドームを外して充電することはできますが、充電台なしで充電すること(蓄電)はできません。

キヌコ
キヌコ

収納ポーチで持ち運びはできますが、出先での充電には向きません。持ち運ぶ際は事前に充電する必要があります。

充電中は台座が黄色く光り、ベッドサイドライトとしても役立ってくれます。

キヌコ
キヌコ

ベッドサイドに置いても違和感がなく、むしろ相性が良いのがポイント!見た目がいやらしくないため、見せる収納ができます。

約120分の充電で、吸引の場合は150分の連続使用、振動の場合は80分の連続使用が可能です。

created by Rinker
¥9,680 (2024/02/22 19:54:12時点 Amazon調べ-詳細)
税込価格10,990円
充電方法USB充電式(差し込み・充電スタンド付属)
素材シリコン、ABS
防水性能IPX6
OSUGA Cuddly Bird商品情報

ここからは、OSUGA Cuddly Birdの各機能について詳しく紹介していきます。

吸引機能

カバーする刺激の強さ
弱い
強い
吸引口の大きさ
小さい
23mm
大きい

吸引機能は、吸引口内の空気圧の変化でクリトリスを間接的に刺激する機能です。

カドリーバードに搭載されている3種類はいずれも波のないパターンで、刺激の強さが異なります。

吸引口は、一般的な吸引トイと比べると低くて薄め。

厚みがないため、小陰唇を無理に広げることなく使うことができます。

振動機能

カバーする刺激の強さ
弱い
強い
当たる面の広さ
狭い
広い

振動機能は、カドリーバード全体が震える機能です。

4種類のパターンのうち3種類は強弱の異なる単調な振動で、残り1種類は波のある振動です。

表面全体に振動が伝わるため、胴体部分で面で当てる楽しみ方と、尻尾部分で線で当てる楽しみ方ができます。

面で当てる
線で当てる

OSUGA Cuddly Birdを使ってみた3つの感想

ラブグッズ所持数40個以上の20代がカドリーバードを使った評価はこんな感じ。

満足度
低い
イき
づらい
高い
デザイン
苦手
可愛い
好み
刺激の強さ
弱い
ちょうどいい
ちょっと強め
強い

デザインはとても可愛らしく、ロック機能やナイトライト機能といった付属機能が嬉しいです!

しかしこのような理由から、ラブグッズとしての十分な効果は得られていません…。

  • 刺激 一般的な吸引トイ・ローターよりも強い
  • 吸引 気持ちいい部分を探りにくい
  • 振動 当たる面が広く、気持ちいい当て方をしづらい
キヌコ
キヌコ

刺激以外はかなり良いので、肝心の刺激が自分好みでなかったのが惜しいです…!

ここからは、3つの感想について詳しく紹介していきます。

  1. デザイン面は◎
  2. 吸引機能・振動機能どちらも強め
  3. 持ち手がないので細かい位置調整には不向き

①デザイン面は◎

カドリーバードは手のひらに収まるこぶりなサイズで、手触りはもちもちです。

収納ケースを含めて一切いやらしさのないデザインで、部屋に置いていても罪悪感がありません。

キヌコ
キヌコ

どれだけ可愛いラブグッズでも見せる収納はなかなかできないものですが、カドリーバードならベッドサイドライトになってくれるので、隠す必要もありません!

気負わずにリラックスして使えるデザインで、とても気に入っています。

②吸引機能・振動機能どちらも強め

カドリーバードの刺激は、吸引機能・振動機能ともに強めの印象です。

吸引機能振動機能
弱レベル普通普通
中レベル強め強め
強レベルかなり強めかなり強め
一般的なローターと比べた体感

ラブグッズ歴が長い方やハイパワー刺激が好きな方にはメリットになる部分ですが、私の場合は「弱レベル以外を使えない」という状況に陥ってしまいました…。

キヌコ
キヌコ

弱レベルから中レベルの振れ幅が大きいかも…!振動機能ならショーツの上から当てて刺激を調整できても、吸引機能は調整もできないので弱レベル以外を使えません…。

③持ち手がないので細かい位置調整には不向き

カドリーバードは丸に近いデザインで、可愛いフォルムをしています。

しかし使用時は手で固定することを考えると、丸に近いデザインは持ちにくさに直結します…。

気持ちいい位置を探して当て続けるには大きめのサイズ感で、細かい位置調整にも向きません。

  • 性感帯の位置を把握している
  • クリトリスが露出している

いずれかに当てはまるなら問題はなさそうですが、どちらも満たしていない私の場合、強くデメリットを感じてしまいました。

キヌコ
キヌコ

普段微調整がしやすい吸引トイ(SVAKOM Pulse Pure)を使っているぶん、その不便さがイきづらさに繋がってしまった感じです…。

同じような方には、気持ちいい場所を探りやすく当て続けやすい、こちらの吸引トイをおすすめします。

手に馴染む吸引トイSVAKOM Pulse Pureレポ

Cuddly Birdがおすすめな人・おすすめでない人

実体験をもとに、カドリーバードがおすすめな人とおすすめできない人をまとめました。

おすすめな人
おすすめできない人
  • 性感帯の位置を把握している人
  • 電マのような広範囲刺激が好きな人
  • 持ち運んで使いたい人
  • 性感帯の位置を把握していない人
  • 低刺激のラブグッズが欲しい人

カドリーバードは、ピンポイントの吸引と広範囲の振動を楽しめる吸引ローターです。

性感帯の位置を把握している(クリトリスが露出している)方と、電マのような広範囲のハイパワー刺激が好きな方におすすめです!

振動面はかなり広いため、デリケートゾーン全体をまんべんなく刺激することができます

また、2つのボタンを長押しすることで操作を制限する「安全ロック機能」がONになるため、出先で使う機会が多そう…という方にもおすすめしたいラブグッズです。

キヌコ
キヌコ

ただし、持ち運びに長けているのは本体と収納ポーチのみ!充電を行うための収納ケースはかさばるため、持ち運びには不向きです。

おすすめできないのは、性感帯の位置を把握していない人。

私自身クリトリス包茎で性感帯が見えないタイプなのですが、その状態でカドリーバードを使うと、吸引機能でも振動機能でも十分な効果を得ることができませんでした。

  • 吸引機能:気持ちいい部分を探りにくい
  • 振動機能:当たる面が広く、気持ちいい当て方をしづらい

また、刺激が比較的強めのため、ラブグッズ初心者にもあまりおすすめできません。

キヌコ
キヌコ

ラブグッズ歴が長い私でも「強い」と思うほどの刺激で、最弱以外の強弱レベルを使うには勇気がいります…。

ラブグッズ未経験の方は、まずは低刺激のものを選ぶことをおすすめします。

セックスを再現できる、低刺激ラブグッズのすすめ

使用感が似ているラブグッズ2選

カドリーバードに興味があっても、手を出しにくい…という方は多いと思います。

そこで、使用感が似ている2つのラブグッズを紹介します!

キヌコ
キヌコ

どちらもカドリーバードより手に取りやすい価格です。迷っている方は、こちらも視野に入れてみてください!

吸引ローター「BeYourLover 吸う★すた」

吸う★すたは、アダルト通販サイト「BeYourLover」から発売されている吸引ローターです。

カドリーバードと同じ吸引機能と振動機能の2つを搭載しており、こちらも個別でON/OFFを切り替えられます。

比べてみるとこんな感じ。

OSUGA Cuddly BirdBeYourLover 吸う★すた
吸引機能3種類10種類
吸引口の大きさ23mm
振動機能4種類10種類
振動面の広さ広い(全体)広い(星型の中心部)
安全ロック機能ありなし
ラブグッズ以外の用途ナイトライトプラネタリウム
税込価格10,990円4,390円

吸引機能・振動機能ともにカドリーバードの2倍以上のパターンを搭載しており、バリエーション豊かなセルフプレジャーを楽しめます。

吸引口にはカバーが付いており、ほこりや汚れを防げるのが嬉しいポイント。

収納ケースは充電ケース兼プラネタリウムで、3種類の星空投影を楽しむことができます。

キヌコ
キヌコ

プラネタリウム機能をONにすると、部屋一面に瞬く星が広がります。ワンランク上の日常を楽しめるのがナイトライトなら、非日常を味わえるのがプラネタリウムです!

詳しくはこちら

BeYourLover 吸うすた
created by Rinker
BeYourLover
吸引ローター&プラネタリウム「吸うすた」レポ漫画

ローター「iroha ukidama」

ukidamaは、セルフプレジャーアイテムブランド「iroha」から発売されているローターです。

吸引機能は搭載していませんが、カドリーバードとの間に2つの共通点があります。

  • 当たる面が広い
  • ラブグッズではなく、灯りとしても使える

比べてみるとこんな感じ。

OSUGA Cuddly Birdiroha ukidama
吸引機能3種類なし
吸引口の大きさ23mmなし
振動機能4種類4種類
振動面の広さ広い(全体)広い(全体)
安全ロック機能ありなし
ラブグッズ以外の用途ナイトライトバスライト
税込価格10,990円6,900円

浮き球の名前のとおり水に浮かべることができ、ライト機能をONにすれば湯船と浴室をやさしく照らしてくれます。

詳しくはこちら

あわせて読みたい、ローター関連記事

20代カップルがTENGA SVRを使ってみた感想【マンガで紹介】 irohaとiroha+の違いって?はなみどりとりんごとりを徹底比較 面で当たるバイブSVAKOM AMY2使ってみたレポ