上手くいかない片思いに疲れたとき、どう動くべきか。

元ガールズバー店員がガチで教える、喋らない客の対処法

クソ客対応

こんにちは、元ガールズバー店員・現スナック嬢のmoco(@mocomocopress)です。

水商売に携わる以上一度は経験するのが、全く喋らないクソ客の対応です。

喋りたくないなら店員としても相応の対応をとればいいだけですが、つく時間が長かったり店長の目があると対応に困ってしまうものです。

今回の記事では、私がガールズバーで働く中で習得した「喋らない・話さない・話が盛り上がらない客への対処法」を紹介します。

喋らない客への対処法


話してくれないということは、つまり相手の情報がないということです。

私達がとれる対応は、以下のことに限られます。

  1. とりあえず笑顔で
  2. 目の前にある情報について話題を振り
  3. 返答があれば「もうちょっと詳しく聞かせて!」という態度で会話を進める
MEMO
返答がなければ「もうちょっと話したいよー!」と軽く怒ってみせる

目の前にある情報とは、相手の服装・時間帯・店の場所・飲んでいる酒・天気など、今その世界を構成している要素です。

喋らない客と会話を続ける方法

とにかく問いかける・とにかく笑わせるの2点に尽きます。

問いかけることで話したい姿勢を表し、会話の起爆剤として笑いをとります。

相手が喋らない以上、こちらが単独で喋る必要はありません。

「はい」「いいえ」の2択で答えられる問いを投げかけ、反応があればそこから笑いをとり、そこで「あー今笑ったー!」とでも言えばまず好感度は高まります。

そこから先は同じような流れを繰り返し、相手が心を開いてきたら他の客と同じように接客すれば問題ありません。

要は、質問→返答→反応&質問の繰り返しです。

喋らない客に振るべき話題

ここでは、喋らない客に対して投げかけると返答を受けやすい・話を続けやすい話題を挙げます。

全ての話題が全ての喋らない客に効く訳ではないため、あくまで参考程度に捉えてください。

また、書き言葉だと失礼に見える言い回しもありますが、そこは話し方でカバーしてください。

「静かに飲む方が好きなんですか?」

会話例
A 質問→「うん」→「私も家じゃ無言で飲んでますよ!笑」→「家でも飲むんだ?」
B 質問→「そうでもない」→「じゃあお話しましょー!」
喋らないことは、その客の中では「静かに飲むこと」と同義の可能性があります。

客が本当に静かに飲みたいタイプであれば、無理に話しかける必要はありません。

「次のお酒もらってもいいですか?」

会話例
A 質問→「だめ」→「じゃあどうしたらいいですかー泣」→「もっと楽しませて」→「じゃあとっておきの話しますね!」
B 質問→「いいよ」→「本当ですか意外と優しいんですね!?」→「意外とって何」→「ぱっと見Sそうですもんね!笑」

ガールズバーに勤める上で、ドリンクバックの存在は大きいです。

ドリンクをお願いするのも兼ねて、この会話は試しておきましょう!

「普段どういう所で飲んでるんですか?」

会話例
A 質問→「こことか他の店とか」→「他の店って行ったことないので気になります!どんな所ですか?」
B 質問→「あまり飲まない」→「じゃあ今ここにいるの珍しいってことですね!?笑」
この質問ひとつで、普段飲むメンバーや場所の話に繋げられます。

普段飲まないタイプの客だった場合、どんな雰囲気で飲みたいかを聞き出すことができますので、それに応じて態度を変えれば好感触です。

「会うの初めてですよね!ここ何回くらい来られてます?」

会話例
A 質問→「いつも来てる」→「えー!いつもすれ違ってたんですかね?笑」
B 質問→「今日初めて」→「そうなんですね!ってことは今日楽しませられたらまた来てくれますよね?笑」
Aタイプの場合、「お気に入りの女の子とかいるんですか?」「いつから来てるんですか?」などと話を膨らませることができます。

Bタイプの場合、「なんで来てくれたんですか?」と来店のきっかけを問うことで会話が進みます。

「なんて呼べばいいですか?」

会話例
A 質問→「○○」→「じゃあ○○って呼びますねー!それって本名ですか?」
B 質問→「教えない」→「えー教えてくださいよ~!なんでー?」
ボトルキープに名前があったとしても、あえて聞くことで会話はできます。

「お酒強いんですか?」

会話例
A 質問→「うん」→「かっこいー!大人の男ですね!」→「なんなのその基準?笑」
B 質問→「弱い」→「と言いつつ実は?」→「弱えーよ笑」
Bタイプの場合、あまりその後の会話には役立たないのがつらいところですが、「じゃあ私の勝ちですね!私お酒強いんで!もう一杯頂いていいですか!」というように次のドリンクには繋げられます。

「おすすめのお酒とかあります?」

会話例
A 質問→「今飲んでるやつ」→「それ飲んだことないんですけどどんな味するんですか?」
B 質問→「ない」→「本当ですか!じゃあ今飲んでるお酒は一体…!?」
あまりにも会話が続かないと、最終的にはこんな話しかできなくなります。笑

客が今飲んでいる酒を見て分かることではありますが、やはりあえて聞く姿勢も大事です。

対処しきれない場合は付け回しに相談を!


どう頑張ってもどうしようもない場合には、付け回しの担当にその旨を相談しましょう。

大体の場合、配置を変更してくれます。

これは「キャストにつらい思いをさせたくない」ではなく「できる限り楽しませてリピートさせたい」という感情から取る対応にはなりますが、その場からは解放されます。

まとめ

ガールズバーやスナック・キャバクラなどで遭遇する喋らない客には、以下の3つのコツを掴んでおけば対処ができます。

  1. とにかく問いかける
  2. とにかく笑わせる
  3. 質問→返答→反応&質問を繰り返して会話を成立させる

初めのうちは喋らない客の対応は難しいですが、接客を続けるうちに確実に慣れていきます。

水商売の場ではもちろん一般的な会話にも役立ちますので、是非この会話の続け方を意識してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です