一ヶ月頑張ったご褒美に、exPOP!!!!!という無料ライブの選択肢を。

expop

東京都心に勤め始めて、早3年。
毎日満員電車に揺られて出勤するのも、疲れ身で帰路を辿るのも、そろそろ疲れてきました。笑

そんなとき存在を知り、疲れた私を癒したのが、渋谷で毎月開催されている無料ライブ「exPOP!!!!!」でした。

このイベント、すごいんです。
音楽の新規開拓にもなり、お酒を楽しめる場でもあり、音に酔いしれることもできる場所なんです。

とは言え、本当に無料なのか?
無料だからつまらないんじゃないのか?
どんなアーティストが出演するのか?

そんな疑問にお答えすべく、exPOP!!!!!について紹介していきます。

ライブ概要

カルチャーニュースサイト「CINRA」主催、入場無料のライブイベント。

開催日程:毎月最終木曜日 18時30分開場/19時開演
※「exPOP!!!!!番外編」は不定期開催

場所:TSUTAYA O-nest
〒150-0044 東京都渋谷区円山町2−3 O-WESTビル

チケット代:無料(別途ドリンク代として1200円)

公式サイト:http://expop.jp/
公式Twitter:@expop_info

1回の開催につき、平均5組のアーティストがラインナップ。
所用時間は2時間〜3時間程度となり、途中参加や途中退場も可能です。

参加までの流れ

  1. 当日までに参加予約
  2. 会場でのドリンク代支払(1200円)
  3. イベント参加

参加までに必要なことは、参加予約のみです。
予約は公式サイト内から行うことができ、キャンセル時はメールにて連絡する形となります。

毎月の出演アーティストは、一ヶ月前程度から不定期に公式サイト・公式Twitterにて告知されます。

出演者の傾向

・デビューしたてのフレッシュなアーティスト
・デビュー直前のインディーズバンド
・ゆったり活動するアーティスト
このように、知る人ぞ知る存在のアーティストが多く出演する傾向です。

フェスに例えると「一番小さいブース」。
良い意味でまだ知名度の低い、これから流行るアーティストで構成されているライブです。

参加レポート

具体例として、2018年3月開催のexPOP!!!!!volume107を挙げます。

この回では以下の4組が出演しました。

AAAMYYY/uri gagarn/カネコアヤノ/Opus In

group_inouが好きなので、そのメンバーが別名義で活動しているuri gagarn目当てに参加しましたが、どのアーティストもフロアを沸かせていました。

Opus Innなどはインストゥルメンタルに近い落ち着いた曲調のアーティストなので、沸かせるというよりは静かに客席を虜にしていったという表現が近いでしょうか。かなり恰好良かったので一瞬でファンになりました。ちょろいですね

O-nest自体のキャパが250人なので、アーティストとの距離が近いのも印象的でした。

好きなバンドのライブやフェスに行くと、距離が遠く背伸びをしないと演者が見えないことも多くあるのですが、このライブハウスの場合は後方が一段高くなっているので、そのような懸念もありません。

このときが初めてのイベント参加でしたが、あまりにも楽しく、そこからexPOP!!!!!に通うことを決意したのでした。

歴代の出演者

これまでに110回以上が開催されており、あんなアーティストからこんなアーティストまでもが参加しています。

・相対性理論
・ねごと
・SEKAI NO OWARI
・クリープハイプ
・SUSHIBOYS
・Suchmos
・フレデリック
・imai(group_inou)
・向井太一
・Rude-α
・神聖かまってちゃん
このように、J-POPからHIPHOPまで、多岐に渡るジャンルのアーティストを取り扱っているのもこのイベントの良いところです。
今や音楽シーンを席巻するバンドがこのライブを通っていったと思うと、感慨深いものがあります。

自分へのご褒美、exPOP!!!!!

exPOP!!!!!に初参加してみて、まず思ったことは「こんなに高品質なライブをタダで見ていいのか?」でした。

出演アーティストは揃いも揃って格好よく&可愛く、ライティングもそのアーティストを引き立てるように演出されています。

入場無料だからと言って、どこにも手を抜いている部分が見られず、逆に追加料金を支払いたくなるほどです。笑

繰り返しますが、このexPOP!!!!!の何が良いってとにかく楽しいのです。

客層としては、新規・アーティストのファン・ライブ自体の常連が同じ比率のイメージで、それぞれが歓声や身振り手振りでライブを盛り上げています。

ゆらゆら揺れている人だったり、ドリンクを飲みながら眺めていたり。

学校帰りの大学生からスーツ姿の社会人まで、全員が温かい目でアーティストを見つめており、楽しいながらも落ち着く空間が出来上がっています。

バンドのライブでよくあるモッシュなども、もちろんありません。
お酒を嗜みながら、大人な雰囲気で楽しんでいる人が多いです。

イベントを通して開拓できたアーティスト

筆者自身、このライブを通して新たに興味を持ったアーティストも多くいます。

中村佳穂

例えば、シンガーソングライターの中村佳穂

もともと興味のあるフェスにラインナップされていたり、好きなアーティストとのコラボ曲をリリースされていたりと、目にする機会は多いもののいまいち興味を持てずにいました(すいません)。

が、以前のexPOP!!!!!で彼女の生歌を聴いた途端、圧倒的な歌唱力とカリスマ力、観客を惹きつける力に戦慄しました。
今まで興味がなかったことを軽く後悔する程には、とてつもないライブを(無料で!)見れてしまったという訳です。

あの頃こそ手の届く場所でライブをしていたものの、現在では米津玄師のTwitterで取り上げられていたり、ラジオで繰り返し新曲が流れるなど、かなりの活躍を見せています。

AAAMYYY

AAAMYYYにも惹かれました。

現在はTempalayのシンセコーラスとしても活躍する彼女ですが、出演当時はソロのみで活動していました。
同じくらいの年齢のかわいい女の子が、一人で楽しそうに演奏する姿は忘れられません。

会場で聞いた8PMに一目惚れしてしまい、しばらくの間はその曲を目覚まし音楽に設定していました。ちなみに私が起きる時間は8PMではなく8AMです爆笑

このように、ライブを通して新しいジャンル・新しいアーティストの新規開拓にも繋がるのもexPOP!!!!!の特長です。
フェスに行く理由の一つに「アーティストの新規開拓」がある私としては、本当にたまらないイベントです。

正直な話、木曜日は翌日も仕事だし疲れも溜まってるしわざわざ人の多い場所に行きたくない…という気持ちもありますが、それでも渋谷に向かってしまうのはこのexPOP!!!!!という楽しい場があるからです。

月末のこのご褒美のために仕事を頑張っているといっても過言ではないです。笑

いきなり参加じゃなくてもいい

「いきなり知らない場所で知らないアーティストのライブを見るのはちょっと…」
という方も中にはいると思います。

その場合は、ライブ会場外で雰囲気を掴めますので参考にしてください。

ライブ会場の上の階のエントランス部分がカフェになっているのですが、そこがドリンク代支払いと各アーティストの物販、さらにライブ会場の中継映像が観れる場所になっています。

カフェ部分はもちろん無料で滞在できますので、そこでライブ会場のリアルタイム映像を観てから入るか入らないかを判断することもできます!

ただし、当日券の販売がない場合、ライブ会場には入れませんのでご了承ください。
また、予約をしてから当日キャンセルをすると、運営側に迷惑がかかります。
この手段を実行したい場合には、予約をせず赴いた上で、あれば当日券を買って入場する、という流れを推奨いたします。

あくまで雰囲気を掴むための手段として、この方法を紹介させて頂きました。


ここまでお読み頂きありがとうございました。

少しでもexPOP!!!!!に興味を持って頂けたでしょうか?

木曜日の夜、家に直帰する前に少しだけ渋谷に寄り道してみようかな。
そんな気持ちになってもらえたら、執筆者冥利に尽きます◎

TSUTAYA O-nestで会えたら乾杯しましょう!
mocoでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です