22年来の喪女から卒業して感じた、脱喪することの弊害

脱喪の弊害

こんにちは、キヌコです。

私は22年来の喪女を経て、今では彼氏と同棲しています。

努力の果てにようやく脱喪できて幸せを得ましたが、脱喪したことで悪い方向へ変わったこともいくつかありました。

ここでは私の感じた脱喪の弊害と、現時点で分かっている対策方法を紹介します。

初めて彼氏ができそう、というタイミングで見てもらえれば参考になりやすいと思います。

脱喪の弊害

友達を失う


類は友を呼ぶと言いますが私の場合はまさにそうで、友人の大半は喪女もしくはアセクシャルでした。

必死に恋活をしていた頃から「変わっちゃったね」といった声を受けていたものの、脱喪してからは友達からの連絡自体が減りました。

巷では恋人が出来ると友達が2人減るなんて囁かれていますが、一般人で友達が2人減るのなら、喪女なら友達は4人減ります

「引いた」などと決定的なことを言われるのでもなく、ただ疎遠になっていくのが辛いところです…。

周りに同じ状況の友人が多い方は要注意です。

また、リアルの友人はもちろん、SNSの趣味アカウントでも同じことが起こり得ますので、こちらも頭に入れておいてください。

対策:語れる場所を他に作る

かつては友達と会えば趣味の話をしていましたが、恋にかまけてからは恋愛の話が大半を占めていました。

喪女・アセクの友人達に恋愛話をしたら、そりゃ煙たがられます…。

対策としては、恋愛について語れる場所を他に作り、友人に見せないことに尽きます。

例えば
・Twitterで惚気垢や恋愛垢を作る
・惚気用のブログを作る
・Instagramでエッセイとして公開する

恋愛経験のある人は恋愛トークもさっぱりしていますが、喪女あがりだと熱が入って濃ゆい話題になってしまう(マウンティングのようになってしまう)のも、友達を失う一員でした。

一人の時間が減る


彼氏ができると、LINEでやり取りする頻度が増えます。

(というより、いい雰囲気になった時点でLINEは増えています。)

休日にはデートの予定が入り、夜にお泊りなんてことも多くあります。

こうして、今まで一人で過ごしていた時間はどんどん削られていきます。

対策:構うタイミングを決める

「LINEが来たらすぐに返そう」と思っていると、いずれ自分の首を絞めることとなります。

仕事中や集中したいときはスマートフォンの通知をオフにして、自分の時間を確保しましょう。

もしくは、少し時間を置いてから返信する癖をつけておけばOKです。

付き合う前は「早く返信しないと離れていってしまう」という不安もありますが、付き合ってしまえば離れる心配はありません。

逆に、自分の時間を犠牲にして構い続けると、お互いを束縛することとなり、面倒な関係になっていきます。

共依存、創作のテーマとしては最高ですが現実で起こすものではないです…。

趣味がおざなりになる


「恋は盲目」という言葉がありますが、これは喪女あがりには深刻な問題です。

私を含めた周りの喪女あがりは、半数がオタク離れをしています。

趣味がおざなりになる程度ならまだ良いですが、私の場合は趣味=恋愛と成り果てました。

これまで熱中してきた趣味への思いが恋愛で上書きされ、趣味のない社会人になりました。

今まで見下してきたはずの恋愛脳に、自分がなってしまったと気付いたときの絶望感はすごかったです…。

片手間で恋愛を楽しめるなら趣味を楽しむ余裕もあります。

しかし、喪女あがりだとどうしても恋愛に全力になってしまい、趣味へかける情熱が失われていきます。

喪女がコンプレックス&恋愛に憧れていればいるほどこうなりがちなので、気をつけてください。

対策:無理やり趣味に戻ろうとしない

これに関しては、無理やり趣味に触れたところで解決するものではありません。

楽しめないのに触れ続けると、趣味に戻れない自分に嫌気が差して飽きてしまいます。

他の趣味を探して時間をつぶすか、大人しく恋愛を楽しむ方が得策です。

恋愛が落ち着いた頃になってようやく、趣味への興味を取り戻せます。

(私は彼氏ができて1年半経ちますが、未だに自分のジャンルに戻れてません…)

悪い意味で女らしくなる

脱喪するともちろん良い意味でも女らしくなりますが、悪い意味でも女らしくなっていきます。

例えば
・苛立ちやすくなる
・泣きやすくなる
・攻撃的になる
・すぐ不機嫌になる

私自身はもともと友人と喧嘩もしたことがないような人間ですが、彼氏ができてからは事ある毎に不機嫌になり、それを指摘される度に泣いています。

好きでやっている訳でも彼氏に構ってほしいからする訳でもなく、「彼氏がいる自分」に甘んじてとっている行動な気がします。

とにかく自分がめんどくさくなるので、それに気付く度に自己嫌悪に苛まれます。

出会いの場へ行けなくなる

彼氏ができると、相席居酒屋や街コンへの参加はもちろん、男性とサシ飲みをすることもできなくなります。

まあ当たり前のことではありますが、恋活に励んできた身からすると、若干恋しさがあります。笑

このほか、出会いの場の側面を持つクラブ、バーにも行きづらくなります。

付き合う男性によっては、ガールズバーやキャバクラで働くことも制限される可能性があります。

脱喪すると生活が一変する

喪女を卒業したら一気に見える世界が変わり、価値観も変わりました。

全て良い方向に変わるならいいものの、自分の面倒さや女らしさが際立つことは自己嫌悪に繋がります。

一人の時間が減り、趣味を楽しめなくなるのもやはり悪い方向への変化です。

ただ、変化することを事前に知っていれば、いざ脱喪できたときにも対策を取れ、安心して恋愛を楽しめます

いつか脱喪できたときには、この記事を思い出してみてください。

なお、私が脱喪までに経験した全てのことと垢抜けのためにしたことは、以下の記事にまとめています。

こちらも併せて見てもらえると嬉しいです!

喪女脱出までにしたこと男性恐怖症のこじらせ喪女が、22歳で脱喪するまでに経験したすべて絶対に垢抜ける方法まとめ垢抜けたい喪女のための、絶対に垢抜ける17の方法