上手くいかない片思いに疲れたとき、どう動くべきか。

夏の生理後、デリケートゾーンのかゆみに効いたアイテムリスト

こんにちは、moco(@murmurpress)です。

今年の夏は、とにかく気温と湿度が高いですね。

これらの要因と生理が重なり、自分には無縁だと思っていた「陰部のかゆみ」に悩まされることとなりました。

どうにか工夫することでかゆみから解放されましたが、これらの対策をとっていなければ掻き壊していたのかと思うと怖くなります。

今回の記事では、デリケートゾーンのかゆみを抑えるのに本当に効果があったアイテムを紹介します。

デリケートゾーンのかゆみに効くアイテム

デリケア

「夏は股間がかゆくなる」のCMで有名なデリケアエムズの女性版が、デリケアです。

実際はデリケアエムズ・デリケアともに男女兼用ですが、メントール成分が入っている方をデリケアエムズとして、男性向けに販売しているようです。

デリケアは塗るタイプの薬で、ネット通販をはじめとしたドラッグストアで購入ができます。

この他にフェミニーナも使っていましたが、個人的にはデリケアの方が効きました。

参考 デリケア公式サイトmuhi

アンダーヘア用カッター

「何が蒸れる(かゆくなる)原因なんだろう?」と考えたところ、陰毛の処理をさぼっているという心当たりがありました。

アンダーヘア用のカッターで陰毛を整えると、思ったとおり通気性が良くなりました。

根本的な解決をしたいなら脱毛すべきかもしれませんが、この程度でかゆみが和らいだのは驚きでした。

切る・梳くなどで処理するシェーバーは、伸びた毛がチクチクしてまた別のかゆみを引き起こしますので、ヒートカッタータイプのものがおすすめです。

Tバッグ

これまでは敷居が高いと思い込み手が出せなかったTバッグのショーツですが、肌との接触面積が狭いため、蒸れにくいという利点を持ちます。

蒸れにくいことでかゆみを引き起こす原因もなくなり、快適に生活ができます。

実際に一日履いて帰宅すると、今までは帰宅の瞬間に掻いてしまっていたのが無くなりました。

普段はTバッグを履かないためその違和感はありますが、かゆみに苦しむよりは安いものです。

私のように偏見がある方も多いと思いますが、実際に履いてしまうとすぐに慣れますよ◎

その他のアイテム

デリケートゾーン用ソープ

普段、陰部のケアは自浄作用に任せていますが、かゆみに悩まされたときはソープで洗わずにはいられませんでした。

さっぱり系のソープを使うと、洗わないときと比べて爽快感があります。

かゆみを抑える効果はありませんが、デリケートゾーンを清潔に保つ意識付けとして役立ちました。

肌に優しいナプキン

普段は、安さ重視で生理用品を選んでいます。

肌は強いタイプだと自負しているのもあり、何故肌に優しいナプキンがあるのかと疑問を持っていましたが、今になってようやく分かりました。

高いナプキンは素材にこだわっているため、蒸れにくいのです。

次回の生理からは、Megamiやcotton100%など、肌に優しい生理用品を選ぼうと思った次第です。