MOCOMOCO.PRESS公式Twitterはこちら!

【決定版】イケメンになるために、最も重要な3箇条

イケメンになるための条件

こんにちは、イケメンについて長年考え続けているモコ山です。

イケメンがなんたるかについて考え続けるうちに、イケメンであることは複数の要素によって導き出されるものだと気付きました。

今回は「イケメンになるために、最も重要な3か条」として、イケメンを構成する要素について深く掘り下げていきます。

ここでいうイケメンとは、顔がかっこいい「ぱっと見のイケメン」ではなく、トータルで見てモテる真のイケメンです。

しかしイケメンになりたいと思いつつも結局なれず、悩んでいる人が世の中多いのではないでしょうか。

安心してください!
イケメンは後天的につくれます

今回の記事で、イケメンになれずに悩んでいる方を安心させることができたらなと思います。

それでは本題に移ります。

イケメンの条件① 「服装」

著者近影

これまでの人生経験上、著者は顔がかっこいい人よりもモテる真のイケメンをたくさん見てきましたが、その人達に共通するマストな条件がこれです。

世の中のイケメンとは言えないメンズを街中で見ると、必ず服装に違和感を感じます

それは決してスタイルが悪いとか、先天的なもののせいではありません。

服装は、気を遣えば誰でも改善できるものです。

ただここで問題なのが、服装が残念な人は自分の服装について良く理解できていない点です。
「ちょっと服ダサいよ」なんて言ってくれる人が周りにいたらいいのですが、大抵はそんな嫌味な人いませんよね。

そのため、ダサい人はダサいことに気付くことができないのです。
自分がイケメンでないと思っている人は、ここで気付くチャンスです。

服装の改善方法


引用元:https://wear.jp/

ここで一度、自らの服装を見直してみてください。
「見直したけど、具体的にどうすればいいの?」となるかと思います。

そこで見てほしいのが、WEARなどの素人でも投稿できるファッションアプリです。
このWEARのアプリをザッと見ていただいて、自分の体型の雰囲気に近いユーザーを探し、服装を真似してみれば十分です。

自分が真似したいと感じたユーザーは、自分なりにイケメンに見えた人のはずです。

だからこそ、服装を真似してみましょう。

きっとそのイケメンらしさを吸収できるはずです。

人のファッションセンスを自らに落とし込む

ファッションセンスは、基本的に自分のものを信じてはいけません(あくまでもイケメンになるためには)。

自らのファッションを個性だと思っている方には、触れずにおきます。
そうでない、ファッションが自らの個性を象徴するものではないという方は、人のセンスを徹底的に盗んで自分の中に落とし込んでください

この繰り返しで、そのうちファッションセンスも容姿も磨かれてくるはずです。

顔が良くても服装が残念だとモテない

また、顔だけが良い人も、服装が残念で全くモテない人をよく見ます。
その人たちが服装に気を使い始めたら無双するのは確かなのですが、要は顔が全てではないということです。

まずはモテずにくすぶってないで、服に課金しましょう!
きっと何かが変わります。

イケメンの条件② 「髪型」


先程紹介した、服装と同レベルで絶対的な要素です。
髪型と服装はワンセットとして考えてください。

ワックスでツヤを出す

男性の髪型は基本的にツヤがあればなんでもよく見えます。
逆にツヤがないと、悪く見えます。

髪がパサついている、バサバサしている男性を見かけたとき、どのような感情を抱きますか?
客観視できないかもしれませんが、一般的には不潔な印象を与えます。

この悪印象を避けるため、必ずワックスをつけましょう。

ツヤが入り過ぎたワックスだとかえってベタベタになるので、中くらいのツヤのワックスで十分です。

似合う髪型を選ぶ

また、髪型は自分の輪郭との相性も考慮して決めましょう。

例えば面長な人は短髪は似合いません。
ぱっと見、人参のような印象を与えます。
面長な人には短髪ではなく、サイドボリューミーな髪型の方が、顔の長さを強調させないため似合います。

このように、人それぞれに似合う髪型が存在するのには理由があります。

ここでひとつ、少し前にバズっていた動画を紹介します。

元はお世辞にもイケているとはいえない男性が、髪型ひとつで好青年に様変わりします。

このように、自分に似合う髪型を選ぶというのも、イケメンには必要な努力ということです。

髪質も意識する

世の中には、髪質によく気を遣っている男性は少ないように思います。

ボソボソな髪質の男性はよくいますが、これは女子ウケ最悪です。

ワックスにプラスして、トリートメントなどで髪を内部からケアするように意識しましょう。

髪型、髪質に気を遣うだけでイケメン度はかなり上がり、他の気を遣っていないメンズ達と圧倒的な差をつけられます。

イケメンの条件③ 「肌」

肌は盲点だと思います。

肌をファッションの一部と捉えている男性は少ないのではないのでしょうか。

では具体的に肌をどうしろというのか?
それは「化粧」です。

化粧と言っても、女性のようなフルメイクをするわけではありません。
あくまでも肌だけをよく見せるために、メイクします。

化粧の方法

肌を綺麗に見せるための化粧として、B.Bクリームやファンデーションを使って肌の色を均一にします。

例えばこちらのファンデーションは、著者も愛用しています。

これらのクリームやファンデーションは、色白・健康的な肌色・小麦色など、何種類かの色がラインナップされていることが多いです。

自分の肌色に近い商品を選べば、変に肌色が白く浮いてしまうということも起きませんのでご安心ください。

なぜ肌の色を均一にするのか

「この人肌が汚いな…」と女の子が感じるのは、肌の色がまだらな時です。

なぜ肌がまだらになるかというと、ニキビやニキビ跡の変色、血行の悪さなどが原因です。

それをB.Bクリームやファンデーションで均一にしてあげることにより、肌イケメンが誕生する訳です。
肌の色が均一になるだけで、なによりも清潔感が生まれます。

イケメンになるための3箇条

イケメンになるためには、これらを意識することが大切です。
①服装
イケメンのコーディネート術を盗み、落とし込む

②髪型
ワックスやトリートメントで髪にツヤを与える

③肌
肌の色を均一にして清潔感を出す

これらを少しでも、少しずつ意識すればきっと何かが変わり始めるはずです。

是非お試しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です