【暇疲れ】やることが無すぎて死んでしまう休日にできることリスト

暇すぎる休日にできることリスト

こんにちは、九十九かなめ(@kaname5)です。

社会人の休日はなくてはならないものですが、そんな休日も予定がないと暇で仕方がないですよね。

かと言ってやる気が出る訳でもなく、寝続けるとしても今度は脳へのダメージも懸念されます。

という訳で暇すぎる休日を撲滅すべく、そんな日にできることを自分なりにまとめてみました。

今回の記事と合わせ、前回記事「【今日も何もしなかった】暇な休日を過ごさないために買っておくべきもの6つ」も是非ご覧ください。

暇すぎる休日にできることリスト

料理の作り置き

普段、疲れ切って自炊なんかできないという方にこそおすすめなのが料理の作り置きです。

平日よりも体力のある休日であれば、得意な料理はもちろん、難しい料理に挑戦することもできます。

当日に食べるのはもちろん、冷蔵・冷凍しておいて後日食べることもできるため、時間と食費の節約にも繋がり一挙両得です。

DVD鑑賞会

これまでに購入したDVDを、改めて鑑賞するのはいかがでしょうか。

興味のないテレビ番組を付けっぱなしにして時間を浪費するよりかは、有意義な時間を過ごせます。

これまでに購入したものだけでなく、動画サイトで配信されている映画やドラマ、レンタルDVD店で借りてきたものを見るという手もあります。

積ん読消化

買って満足してしまい、読んでもいない本。
通称「積ん読」を、この機会に読んでみませんか。

時間の有効活用になりますし、今まで無駄になっていたお金も浮かばれます。

新しい発見や出会いがあるかもしれません。

漫画アプリをダウンロードする

積ん読すらも存在しない、という方には漫画アプリをおすすめします。

私自身「漫画は紙で買いたい」という気持ちの持ち主であったため、漫画アプリには否定的だったのですが、一度ダウンロードしてみたらヘビーユーザーと化しました。

漫画アプリは、普段手に取らないジャンルの漫画や少し気になっているものの読みはしない、という漫画と出会える場所でした。

これらのアプリを通して読み始め、今では単行本全巻を揃えるほどはまっている漫画も多くあります。

さらに、漫画アプリの大半は一日待てば無料(次の回を読める)というスタイルなので、明日が待ち遠しくなるという利点もあります。

趣味を開拓する

今趣味がないという方であれば、新しい趣味を開拓することもおすすめです。

そもそも趣味があれば休日にやることがなくて死にそうになる、という状況にも陥らないため、合理的な行動と言えます。

音楽が好きであれば、ライブを探したり知らないアーティストに触れてみる、自分も音楽を作ってみる。

DVDやドラマが好きであれば、映画館に行って気になる映画を見てみる、感想を書いて公開してみる。

食事が好きであれば、一人で食べ歩きをしてみる、その味を再現するために自炊を極める。

このような流れで、自分の興味を趣味へと発展させてみてください。

案外、時間がないことを言い訳に踏み込めていない領域が見つかるかもしれません。

次の休日の予定を立てる

現時点で暇な休日をどう使うか悩んでいる訳ですが、では次の休日はどう使いますか?

次回以降の同じような状況に備えて、「暇な日はこれをする」「次の休みはこれをする」といった予定を立てておくと後が楽です。

この機会に友人に連絡して会う予定を立ててもいいですし、旅行やイベント参加などのアクティビティを企ててみるのも一興です。

無理やり外に出る

色々な暇つぶし方法があるのは分かったけど、どうしてもやる気が出ない!

そんな方は、ベッドから起き上がって無理やり外に出てみましょう。

何故暇に身を任せてしまうか、だらけてしまうか、という問いのひとつに「人目がないから」ということが挙げられると思います。

無理やり外に出る=人とすれ違う機会を作ることで、体を動かす感覚と何かに取り組むための姿勢を少なからず取り戻すことができます。

家の周りを歩くだけでも、やるべき事ややりたい事を思いつくかもしれませんね。

以上、暇すぎて死んでしまう休日にできることリストでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です